KANEKA 株式会社カネカ

ライフサイエンス研究支援 カネカ研究用ツール

ホーム » 核酸クロマト | 製品概要

核酸クロマト型チップ 製品外観

本品は研究用です。

簡便・迅速な目視増幅核酸検出技術

核酸クロマト型チップ

使用例を見る

核酸クロマトの特長

内容

本品はカスタムメイドになります。
製品形態、数量などについては、お打ち合わせにてご要望を承ります。

お問い合わせ

保存方法

クロマト型チップ → 室温保存(高温・多湿条件は避けてください)
特殊プライマー → -20℃で保存
展開バッファー → 4℃~室温で保存(4℃推奨)

使用方法

原理はこちら

使用方法の図

        特殊プライマー*1を用いたPCR反応液を、クロマト展開*2
          ⇒約5~10分でライン着色を目視確認可能!

  • *1 当社技術を用いて設計した特殊プライマーです。
  • *2 チップをPCR反応液にディップする方式とピペットマンなどで滴下する方式があります。

使用例

1.アレルゲン(小麦・そば・落花生)の検出

「アレルギー物質を含む食品の検査方法」(厚生労働省・通知法)に従い、小麦粉、そば粉、落花生からDNAを抽出した。上記方法に記載のプライマーを基にタグ配列を付加した特殊プライマーを合成し、マルチプレックスPCRを実施し、本品を用いて増幅産物を検出した。

アレルゲン(小麦・そば・落花生)の検出

使用方法と原理

原理
原理

総合製品カタログ

このページの先頭へ