カネカ

カネカは世界を健康にする

KANEKA Thinks “Wellness First”

The Dreamology Company
顕微鏡のイメージ画像

近年、核酸の解析技術が、病原体の検出や、個人の遺伝情報に基づく病気の治療等において重要な役割を果たしています。カネカでは、遺伝子検査の「簡便化」「迅速化」をコンセプトに、PCR増幅産物を約10分で検出できる「カネカ核酸クロマト」や、核酸を約10分で抽出できる「カネカ簡易DNA抽出キット」等を開発しました。現在、これらの製品や技術を組合せ、簡便・迅速な病原体の遺伝子検出キットの開発を進めています。

KANEKA Direct RT-qPCR Kit “SARS-CoV-2”

本キットは、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)発行の「2019-Novel Coronavirus (2019-nCoV) Real-Time RT-PCR Panel Primer and probe (Effective: 24 Jan 2020)」に準拠したプライマーおよびプローブを使用した新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の検出試薬です。精製不要の簡易前処理法とOne-step RT-qPCR法を採用することで、鼻咽頭ぬぐい液と唾液からSARS-CoV-2を約1時間で検出することができます。尚、本製品は株式会社AVSSとの共同開発品です。

<特徴>
  • 独自開発した簡易前処理法はスピンカラム精製や遠心分離(約10ステップ、1~2時間要する)は不要で、5分加熱するのみでRNA抽出が可能です。熟練した技術や遠心機が不要なため、導入が容易です。
  • 唾液および鼻咽頭ぬぐい液を検体とした場合に検出可能なことを確認済みです。唾液での検査が可能なため、検体採取時には患者と検体採取者の負担を軽減できます(飛沫感染リスクも低減される可能性はあります)。

カネカ簡易DNA抽出キットとスピンカラム法の比較

KANEKA Direct RT-qPCR Kitの製品ラインナップ(研究用試薬)

   

   

製品コード 製品名 検出項目 包装単位
(テスト数)
価格 取扱
説明書
KN-T101101 KANEKA Direct RT-qPCR Kit
“SARS-CoV-2”
SARS-CoV-2のN遺伝子(N1、N2) 100 110,000円
(税別)
PDF

※検出項目は、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)発行「2019-Novel Coronavirus (2019-nCoV) Real-time rRT-PCR Panel Primers and Probes」(Effective: 24 Jan 2020) に記載されたプライマー・プローブ配列を採用している。

・保管温度:-20℃以下

・使用期限:製造日より1年

本キットは「臨床検体を用いた評価結果が取得された2019-nCoV遺伝子検査方法について(厚生労働省健康局結核感染症課 国立感染症研究所)」に掲載されており、公的医療保険の適用対象です。

⇒厚生労働省保険局医療課より通知された疑義解釈資料の送付について(その34)(令和2年9月30日事務連絡)にて、本キットでの検査は保険診療の対象となりました。

>>本キットへのご質問、サンプルご希望の方は、こちらにお問い合わせください。

>>本キットのお見積もり・ご購入に関するご質問は、株式会社カネカメディックスまでお問合せください。

その他、新製品を多数開発中(更新情報欄でアナウンスします)。

カネカ核酸クロマト

Multiplex-PCR法と核酸クロマト技術を応用し、病原体等の簡便・迅速な遺伝子検出キットを開発しています。
従来法(イムノクロマトや培養法、電気泳動法など)に比べて、迅速・簡便な検査を可能にしました(例:サルモネラを検出する場合、結果判定までの時間が4-5日から最短24時間以内に短縮)。感染症を中心とする医療分野や農畜水産分野でご利用いただいています。国内外の研究機関や体外診断薬メーカーなどと連携し、感染症などの体外診断薬や農畜水産・食品向けの検出キットの開発・海外展開を進めています。

  • カネカ核酸クロマトは、サーマルサイクラーとしてBioer Technology社のLifeECOでの性能を確認しています。
  • 拡散クロマトの原理

  • サーマルサイクラーを含んだ必要機器・器具の初期導入費用は約50万円です。
  • Technology社のLifeECO
  • 電気泳動層やトランスイルミネーターなどの専用機器が不要です。
  • 電気泳動法などの専門知識が不要です。操作が簡便であるため、遺伝子取扱い未経験者でも、半日程度のトレーニングで使用することが可能です。
  • 発がん性のある試薬(DNA染色試薬:エチジウムブロマイド)を使用しません。
  • 電気泳動法ではPCR後、結果判定までに約100分を要しますが、カネカ核酸クロマトは、PCR後に10分で結果を判定することが可能です。
  • 病院や検査センター、食肉衛生検査所、食品メーカー、飼料メーカーなど、多くの施設で採用実績があります。
  • 1本のテストストリップで最大5項目までを同時に検出できます。微生物、がん、遺伝子組み換え作物、アレルゲンなど、特定の遺伝子検出キットをカスタマイズすることが可能です。

核酸クロマトと電気泳動の比較

>>共同開発先募集

カネカ核酸クロマトの研究用試薬ラインナップ

   

   

製品コード 製品名 検出項目 テスト数 取扱
説明書
KN-T10C803 カネカ核酸クロマト 下痢原性大腸菌検出キット Enterohemorrhagic Escherichia coli (EHEC)
Enteropathogenic Escherichia coli (EPEC)
Enterotoxigenic Escherichia coli (ETEC)
Enteroinvasive Escherichia coli (EIEC)
Enteroaggregative Escherichia coli (EAEC)
20

DL

KN-T10C804 カネカ 核酸クロマト カルバペネマーゼ遺伝子検出キット IMP、VIM、KPC、NDM、OXA-48 20

DL

KN-T10C805 カネカ核酸クロマト 大麻草DNA検出キット 大麻草DNA 20

DL

KN-T10C807 カネカ食中毒菌検出キット
(サルモネラ-属/O4群/O7群/O9群-)
version 2
サルモネラ属、O4群、O7群、O9群 100

DL

KN-T10C808 カネカ 核酸クロマト ベロ毒素遺伝子検出キット Verotoxin1 (stx1)、Verotoxin2 (stx2) 20

DL

KN-T10C810 カネカ核酸クロマト 迅速発育抗酸菌同定キット Mycobacteroides chelonae (M. chelonae)
Mycolicibacterium peregrinum (M. peregrinum)
Mycolicibacterium fortuitum (M. fortuitum)
Mycobacteroides abscessus subsp. abscessus (M. abscessus)
Mycobacteroides abscessus subsp. bolletii (M. bolletii)
Mycobacteroides abscessus subsp. massiliense (M. massiliense)
20

DL

(本製品は研究用です)

・保温温度:(室温(2℃~30℃))テストストリップ、展開バッファー
       (冷凍(-20℃以下))PCRミックス、プライマーミックス

・使用期限:製造日より1年

>>価格詳細はお問い合わせください

その他、新製品を多数開発中(更新情報欄でアナウンスします)。
カネカ簡易DNA抽出キットversion2

カネカ簡易DNA抽出キット version2

特定の試料からDNAを抽出するためには、有機溶媒や酵素を用いた処理や遠心分離装置を使った操作が従来法では不可欠ですが、これらの作業工程は1時間以上も掛かるため、約10分で簡便に試料からDNAを抽出できる技術を開発しました。キットひとつで血液、動物組織、植物、微生物などの試料からDNAを抽出することができます。カネカ簡易DNA抽出キットの使用により、DNA抽出操作の簡略化と迅速化を実現します。

<特徴>
  • 独自開発の技術により、スピンカラム精製や遠心分離が不要となり、約10分のインキュベートのみでDNAの抽出が可能です。
  • 種子や根など硬くDNA抽出が難しい検体でも破砕作業が不要で、約10分のインキュベートのみでDNAが抽出できます。
  • キットは2種類の試薬から構成され、室温(2℃から30℃)での保存が可能です。
  • 検体数が多い場合は、バルク品の販売も可能です。ご相談ください。
  • 適用検体:動物組織(マウステール、皮膚、軟骨、肝臓、脾臓、腎臓、耳、心臓、肺、脳など各種臓器)、植物組織(葉、根、茎、種)、細菌・真菌、ウイルス、血液、細胞、糞便などからゲノムDNAを抽出することが可能です。

カネカ簡易DNA抽出キットとスピンカラム法の比較

カネカ簡易DNA抽出キット version2は、以下の用途に適しています。
– アプリケーション –
カネカ簡易DNA抽出キットversion2アプリケーション

   

   

製品コード 製品名 包装単位(テスト数) 取扱説明書
KN-T110005 カネカ簡易DNA抽出キット version2 50

ダウンロード

KN-B110005 カネカ簡易DNA抽出キット version2 (1,000テスト分バルク) 1,000

ダウンロード

(本製品は研究用です)

・保温温度:室温(2℃~30℃)

・使用期限:製造日より1年

>>価格詳細はお問い合わせください

カネカ簡易RNA抽出キット

カネカ簡易RNA抽出キット(RT-PCR用)

検体(血液、培養細胞など)に試薬を加え、加温するだけでRT-PCRに利用可能なRNA抽出液を得ることができます。操作時間は約30分で、有機溶媒や特別な器具を使わないため、スピンカラム法よりも作業時間の短縮と抽出作業の簡便化に貢献できます。

– アプリケーション –
  • 適応検体:血液、細胞
  • アプリケーション:遺伝子発現解析(RT-PCR)

   

   

製品コード 製品名 包装単位(テスト数) 取扱説明書
KN-T110004 カネカ 簡易RNA抽出キット (RT-PCR用) 100

ダウンロード

(本製品は研究用です)

・保管温度:(-20℃~4℃) 試薬A
       (冷凍(-20℃以下))DNase Ⅰ

・使用期限:製造日より1年

>>価格詳細はお問い合わせください

MyAbscopeTM

カネカ温調機能付き吸光度計 MyAbscope™

核酸検出で必要な前処理、増幅、検出の3工程を1台で完結できるポータブル吸光度計です。重さが約2kg・A4サイズで、バッテリー駆動が可能です。例えば、検査室が整備されていない医療施設や空港、港湾で活用することで、細菌などの検出結果をその場で短時間に得ることができます。現在、LAMP法など等温核酸増幅法や酵素反応測定を実施している施設で活用されています。

<特徴>
  • LAMP法などの等温核酸増幅法や酵素反応などの比色分析が可能です。
  • 等温核酸増幅法による遺伝子検査では複数台の高額専用機器が必要ですが、MyAbscope™1台あれば、前処理~増幅~検出を完結できます。
  • A4サイズで、約2kgです。
  • モバイルバッテリーで駆動可能なため、屋外などの電源が不安定な場所でも使用可能です。
  • PC用バッテリー(23,000mAh)を用いることで8時間連続使用が可能です。
  • 法規制(電波法、電気安全法)対応国:日本、タイ。その他の国での対応準備中。

MyAbscopeTM仕様書

製品コード 製品名 包装単位 保証期間 取扱説明書
KN-T100901 カネカ 温調機能付き吸光度計
MyAbscope™
1台 購入日より1年

DL

KN-T100901-T1 カネカマイクロチューブ
(0.2ml 8連チューブ、フラットキャップ付き)
8連チューブ
120本

(本製品は理化学機器です)

>>価格詳細はお問い合わせください

MENU