Loading

Productカネカ簡易RNA抽出キット(RT-PCR用)

カネカ簡易RNA抽出キット(RT-PCR用)

検体(血液、培養細胞など)に試薬を加え、加温するだけでRT-PCRに利用可能なRNA抽出液を得ることができます。操作時間は約30分で、有機溶媒や特別な器具を使わないため、従来のスピンカラム法よりも作業時間の短縮と簡便化に貢献できます。

・適応検体:血液、細胞
・アプリケーション:遺伝子発現解析(RT-PCR)

カネカ簡易RNA抽出キット

培養細胞からのRNA抽出及びRT-PCRによる検出結果

105個に調整した接着細胞(HEK293T)または浮遊細胞(Jurkat)から、本品を用いてそれぞれのRNAを抽出した。抽出液を鋳型RNAとし、PrimeScript One Step
RT-PCR Kit Ver.2(タカラバイオ社製)を用いて、T3000 Thermocycler(Biometra社製)にてACTB
mRNAを標的としたRT-PCRを実施した。RT-PCR産物を電気泳動に供し、鋳型RNA特異的な増幅断片を検出した(図1,2)。また、検体に含まれるゲノムDNAが抽出液に残存していないことを確認するため、抽出液を鋳型とし、TaKaRa
Ex Taq (タカラバイオ社製)を用いてT3000 Thermocycler(Biometra社製)にてPCRを実施した。PCR後の溶液を電気泳動に供し、増幅断片が検出されないことを確認した。(図1,2)

培養細胞からのRNA抽出及びRT-PCRによる検出結果(図1),培養細胞からのRNA抽出及びRT-PCRによる検出結果図2

マウス血液からのRNA抽出及びRT-PCRによる検出結果

抗凝固剤としてヘパリンを添加したマウス血液から、本品を用いてRNAを抽出した。抽出液を鋳型RNAとし、PrimeScript One Step RT-PCR Kit
Ver.2(タカラバイオ社製)を用いて、T3000 Thermocycler(Biometra社製)にてH3f3a
mRNAを標的としたRT-PCRを実施した。RT-PCR産物を電気泳動に供し、鋳型RNA特異的な増幅断片を検出した(図3)。また、検体に含まれるゲノムDNAが抽出液に残存していないことを確認するため、抽出液を鋳型とし、TaKaRa
Ex Taq (タカラバイオ社製)を用いてT3000 Thermocycler(Biometra社製)にてPCRを実施した。PCR後の溶液を電気泳動に供し、増幅断片が検出されないことを確認した。(図3)

マウス血液からのRNA抽出及びRT-PCRによる検出結果

製品コード
製品名
包装単位(テスト数)
製品コード

KN-T110004

製品名

カネカ 簡易RNA抽出キット (RT-PCR用)

包装単位(テスト数)

100

(本製品は研究用です)

・保管温度:(-20℃~4℃) 試薬A
       (冷凍(-20℃以下))DNase Ⅰ

・使用期限:製造日より1年

>>価格詳細はお問い合わせください